そろそろシニア。手作りご飯日記。


by janysk2

野菜の科まとめ

ふだん使う野菜を、科でまとめとくの。
目指せ、暗記♪

カテゴリーで作った「サプリ&栄養」の部分は、素人の私が、今後、断片的な知識じゃないように、わかって使うことを目指したいから追記を重ねています。そのなかで誤りがまたわかれば修正もあるでしょうし、「まとめ」とタイトルにあっても、まとめきれてないから、どうか100%信用しないでください、あくまで。
ニンニクだって、サプリが色々あるけれど、個体の耐性に拠るものもありますから大丈夫だって言い切れませんよね。


アブラナ科: キャベツ、ブロッコリー、白菜、芽キャベツ、カリフラワー、チンゲンサイ
         大根、カブ、小松菜

   キク科: 春菊、レタス、牛蒡、サラダ菜
   ユリ科: ニンニク(?) アスパラもOK♪
   ウリ科: かぼちゃ、きゅうり
   ナス科: トマト、ナス、ピーマン、じゃがいも(トマトは要加熱、ナス科は炎症あるときやめ)  
   マメ科: インゲン、エンドウ、モヤシ 納豆もいいよね
   イネ科: とうもろこし
サトイモ科: さといも
ヒルガオ科: さつまいも
   セリ科: 人参、セロリ、パセリ
シナノギ科: モロヘイヤ

こうやって見ると、8割がたの野菜は、家でお義母さんが栽培して作ってくれてる。
お義母さん、ありがとう!!

追記  5/27

ナス科野菜(ナス、トマト、ピーマン、じゃがいも等)は犬猫、特に関節炎を患う個体には与えないように」=「ナス科野菜に含まれるソラニン(アルカロイド系神経毒)が関節炎によくない」ということもあるらしく。
ピーマンは熟してないから緑色。ナスは栄養が無いことはヒトの食事でもよく知られていること。あえてピーマンもナスも、わんこに与える必要は無いよね。でもトマトはリコピンとかが魅力だから、ソラニンの作用を加熱によってある程度抑えて、使うってことかしら。

追記  5/28
ユリ科について。
硫化アリルという成分が犬猫の貧血を引き起こす。ユリ科でもアスパラガスには硫化アリルがないのでOKらしい…?

ほうれんそう (タデ科)、モロヘイヤ (シナノキ科)について
蓚酸が多いので。蓚酸カルシウム結石キャリアの子は特に注意。しかしその他のビタミン・ミネラルが豊富な野菜でもあり、一旦ゆでこぼすなどの処理をすれば毎日でなければ大丈夫。

人参について
ニンジンにはビタミンC破壊酵素が含まれていて、この酵素は加熱か酸を加えることで働きを止められるので、スープで煮るか、すりおろしてリンゴ酢などを加えて。


5/28の出典:http://www.geocities.jp/cats_n_tervuerens/health/vegetable.htm
[PR]
by janysk2 | 2008-05-25 17:49 | サプリ&栄養